一人ランチは釜たまうどん


a0245136_17344416.jpg
頂き物の美味しい麺のレシピ通りに作りました。

伊勢うどん風のタレに絡ませて卵とねぎです。

久々に山葵稲荷(わさびいなり)を食べたかったのですが冷蔵庫に在庫なし。

仕方なくおにぎりにしましたが、山葵稲荷には叶わない おにぎり デコメ絵文字

早速「いなりずしの揚げ」ちゃん購入します。ショッピングカート デコメ絵文字

rosemamaお気に入りの梅干しちゃんも後方に。





天気予報 デコメ絵文字 晴後曇り 9℃(0)-1℃(0)


072.gif今日は何の日? 1月18日

振袖火事の日

1657(明暦3)年のこの日、江戸城天守閣と市街のほとんどを焼失し、死者が10万人にもおよんだ明暦の大火が起きた。

この大火は「振袖火事」とも呼ばれる。これは次のような話による。

上野の神商大増屋十右衛門の娘おきくは、花見の時に美しい寺小姓を見初め、小姓が着ていた着物の色模様に似せた振袖をこしらえてもらい、毎日寺小姓を想い続けた。そして、恋の病に臥せったまま明暦元年1月16日、16歳で亡くなってしまった。

寺では法事が済むと、しきたり通り振袖を古着屋へ売り払った。その振袖は本郷元町の麹屋吉兵衛の娘お花の手に渡ったが、それ以来お花は病気になり、明暦2年の同じ日に死亡した。振袖は再び古着屋の手を経て、麻布の質屋伊勢屋五兵衛の娘おたつのもとに渡ったが、おたつも同じように、明暦3年の1月16日に亡くなった。

おたつの葬儀に、十右衛門夫婦と吉兵衛夫婦もたまたま来ており、三家は相談して、因縁の振り袖を本妙寺で供養してもらうことにした。しかし、和尚が読経しながら振袖を火の中に投げ込んだ瞬間、突如吹いたつむじ風によって振袖が舞い上がって本堂に飛び込み、それが燃え広がって江戸中が大火となった。


056.gif本日の誕生花  1月18日
浮釣木[うきつりぼく]
a0245136_17355212.png
花言葉 憶測  (画像はお借りしています)


本日もご訪問・・心からありがとうございます。(*^.^*)
各種ランキングに参加しております。
お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援頂ければ嬉しいです。
キーボードの左下の【Ctrl】キーを押しながらクリックすると画面が変わらずにポチできます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ




[PR]
by princesscraft | 2017-01-18 10:16 | 我が家の食卓